與謝野源氏を読む

與謝野晶子よさのあきこ訳「源氏物語」を縦書き文庫で読むことができます。下の表の題名をクリックすると各帖を表示します。画像: 紫式部(土佐光起石山寺蔵); 登場人物 (wakogenji より); Principal Characters (サイデンステッカー訳より)

題名晶子の歌(各帖の冒頭に記載)
1桐壺紫のかがやく花と日の光思ひあはざることわりもなし
2帚木ははきぎ中川の皐月
さつき
の水に人似たりかたればむせびよればわななく
3空蝉うつせみうつせみのわがうすごろも風流男みやびを
れてぬるやとあぢきなきころ
4夕顔うき夜半
よは
の悪夢と共になつかしきゆめもあとなく消えにけるかな 
5若紫春の野のうらわか草に親しみていとおほどかに恋もなりぬる
6末摘花すえつむはな皮ごろも上に着たれば我妹子
わぎもこ
は聞くことのみな身に
まぬらし 
7紅葉賀もみじのが青海の波しづかなるさまを舞ふ若き心は下に鳴れども  
8花宴春の夜のもやにそひたる月ならん手枕かしぬ我が仮ぶしに
9恨めしと人を目におくこともこそ身のおとろへにほかならぬかな
10さかき五十鈴
いすず
川神のさかひへのがれきぬおもひあがりしひとの身のはて
11花散里
たちばな
も恋のうれひも散りかへば
をなつかしみほととぎす鳴く   
12須磨人恋ふる涙をわすれ大海へ引かれ行くべき身かと思ひぬ
13明石わりなくもわかれがたしとしら玉の涙をながす琴のいとかな
14澪標みおつくしみをつくし
はんと祈るみてぐらもわれのみ神にたてまつるらん
15蓬生よもぎう道もなき
よもぎ
をわけて君ぞこし
たれ
にもまさる身のここちする
16関屋逢坂
あふさか
は関の清水
しみづ
も恋人のあつき涙もながるるところ
17絵合えあわせあひがたきいつきのみことおもひてきさらに
はる
かになりゆくものを
18松風あぢきなき松の風かな泣けばなき小琴をとればおなじ音を
19薄雲さくら散る春の
ゆふべ
のうすぐもの涙となりて落つる心地
ここち
に 
20朝顔みづからはあるかなきかのあさがほと言ひなす人の忘られぬかな
21乙女

かり
なくやつらをはなれてただ一つ初恋をする少年のごと
22玉鬘たまかずら火のくににおひいでたれば言ふことの皆恥づかしく
の染まるかな
23初音若やかにうぐひすぞ
く初春の
きぬ
くばられし一人のやうに
24胡蝶盛りなる御代
みよ

きさき
に金の
てふ
しろがねの鳥花たてまつる 
25身にしみて物を思へと夏の夜の蛍ほのかに青引きてとぶ
26常夏露置きてくれなゐいとど深けれどおもひ悩めるなでしこの花 
27篝火大きなるまゆみ쇼のもとに美しくかがり火もえて涼風ぞ吹く
28野分けざやかにめでたき人ぞ
ましたる野分が
くる絵巻のおくに
29行幸雪ちるや日よりかしこくめでたさも上なき君の玉のおん輿
こし
 
30藤袴むらさきのふぢばかまをば見よといふ二人泣きたきここち覚えて
31真木柱まきばしらこひしさも悲しきことも知らぬなり真木の柱にならまほしけれ
32梅が枝天地
あめつち
に春新しく来たりけり光源氏のみむすめのため     
33藤のうら葉ふぢばなのもとの根ざしは知らねども枝をかはせる白と紫
34若菜(上)たちまちに知らぬ花さくおぼつかな
あめ
よりこしをうたがはねども
34若菜(下)二ごころたれ
づもちてさびしくも悲しき世をば作り
めけん
35柏木死ぬる日を罪むくいなど言ふきはの涙に似ざる火のしづくおつ
36横笛
き人の手なれの笛に寄りもこし夢のゆくへの寒き夜半
よは
かな
37鈴虫すずむしは釈迦牟尼仏
しゃかむにぶつ
のおん弟子
でし
の君のためにと秋を
きよ
むる
38夕霧 一つま戸より清き男の
づるころ後夜
ごや
の律師のまう上るころ 
38夕霧 二帰りこし都の家に音無しの滝はおちねど涙流るる
39御法みのりなほ春のましろき花と見ゆれどもともに死ぬまで悲しかりけり 
40まぼろし大空の日の光さへつくる世のやうやく近きここちこそすれ 
41雲隠れかきくらす涙か雲かしらねどもひかり見せねばかかぬ一章
42匂宮春の日の光の名残
なごり
花ぞのに
にほ

かを
ると思ほゆるかな
43紅梅うぐひすも問はば問へかし紅梅の花のあるじはのどやかに待つ
44竹河たけかわ姫たちは常少女
とこをとめ
にて春ごとに花あらそひをくり返せかし 
45橋姫しめやかにこころの
れぬ川霧の立ちまふ家はあはれなるかな
46椎が本朝の月涙のごとくましろけれ御寺
みてら
の鐘の水渡る時 
47総角あげまき心をば火の思ひもて焼かましと願ひき身をば煙にぞする
48早蕨さわらび早蕨
さわらび
の歌を法師す君に似ずよき言葉をば知らぬめでたさ
49宿り木あふけなく大御
おほみ
むすめをいにしへの人に似よとも思ひけるかな
50東屋あずまやありし世の霧来て袖を
らしけりわりなけれども宇治近づけば
51浮舟何よりも危ふきものとかねて見し小舟の中にみづからを置く
52蜻蛉とんぼひと時は目に見しものをかげろふのあるかなきかを知らぬはかなき
53手習ほど近き
のり
御山
みやま
をたのみたる女郎花
をみなへし
かと見ゆるなりけれ
54夢の浮橋明けくれに昔こひしきこころもて生くる世もはたゆめのうきはし
あとがき
https://tb.antiscroll.com/author/紫式部; https://ja.m.wikipedia.org/wiki/源氏物語の巻序

[参照] あらすじ: wakogenji より転載

4 thoughts on “與謝野源氏を読む”

  1. 「與謝野源氏」のよさは各巻の内容に応じて晶子自身つくった歌がそれぞれの冒頭に載っていることだろう。翻訳がその本質において創作であることを伝えている。

    Like

  2. 與謝野晶子「新訳源氏物語」「新新訳源氏物語」、谷崎潤一郎、円地文子、田辺聖子、橋本治、瀬戸内寂聴、大塚ひかり、林望、角田光代。これだけの現代日本語訳があるだけで「源氏物語」の魅力(魔力)を示唆して余りある。

    Like

  3. [第35帖柏木まで読んで] 第1部から感じていたが、第2部に入って確信した。絢爛この上ない物語だが、かなり色濃く浄土教的な厭世観を帯びている。登場人物間の男女関係と前生の縁、思いを遂げられぬ者の嘆きと出家願望、病者を治癒するための加持祈祷など、和風化した仏教思想に覆われている。第1部初めの出産後に急死した夕顔、第2部冒頭の紫上(むらさきのうえ)の瀕死の病と祈祷による蘇生、衛門督(えもんのかみ)・柏木の女三宮(にょさんのみや)に対する悶々とした愛と女三宮の懐妊、病床での出家の儀式、柏木の死がこの物語の基調をなしているとさえ思う。柏木が死の間際に源大将・夕霧に伝える六條院・光源氏への思いの裏にある女三宮に対する思いなど、登場人物相関関係と心理描写が克明だ。その多くに現代人に通じるところがあるからこそ、この作品が現代まで読み継がれているのだと思う。

    Like

  4. [第54帖まで読んで] 八の宮は物語の主要な登場人物とは言えないが、匂宮(兵部卿の宮)と薫(源右大将)による物語の展開に深く関わっている。匂宮と薫の確執というか、恋愛の手法の違いが大姫君、中の姫君、浮舟という異母三姉妹の運命を翻弄するなか、その背後に姉妹の父親である八の宮がいる。彼は宇治の山荘にいて出家僧のように暮らし、美貌に恵まれ匂宮と薫の愛情を翻弄する娘たちが宿命や前生の因縁という仏教的諦観・厭世主義をくり返し説く。與謝野晶子は著者が二人(第1部:紫式部、第2-3部:大弐の三位)いるとしているが,前篇と後篇で著者が異なっても物語の基底に流れる浄土教的諦観は二人の著者に共通するというより、同時代の貴族階級に深く浸透した考え方なのだろう。現代の見方からすれば男性中心のエゴイズムや身勝手さを女性の目線で批判していると言えなくもない。ただ、それは突き放した批判ではなく、匂宮と薫の美貌と性的魅力に対して同情的であるがゆえに説得力を失わない。浮舟の蘇生と薫との再会後の展開を読者の想像に委ね、余韻に酔わせてくれる名作だ。

    Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s