日本国憲法と大日本帝国憲法

憲法の前文を再掲する。いつ読んでも、真情溢れる格調高い文章だと思う(太字・下線表示と段落付けは投稿者による)。

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言しこの憲法を確定する
 そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した
 われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふわれらは全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する
 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものでありこの法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる
 日本国民は国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ
https://shaws2021.wordpress.com/
大日本帝国憲法から日本国憲法への移行 (c)Wikipedia
大日本帝国憲法(明治憲法)
第7章補則
第73条 将来此ノ憲法ノ条項ヲ改正スルノ必要アルトキハ勅命ヲ以テ議案ヲ帝国議会ノ議ニ付スヘシ
2 此ノ場合ニ於テ両議院ハ各々其ノ総員三分ノニ以上出席スルニ非サレハ議事ヲ開クコトヲ得ス出席議員三分ノ二以上ノ多数ヲ得ルニ非サレハ改正ノ議決ヲ為スコトヲ得ス

One thought on “日本国憲法と大日本帝国憲法”

  1. 大日本帝国憲法から日本国憲法への移行は改正ではないのではないか。法律の初学者ゆえにそう考えるのだろうが、両者間には越えがたい截断があり、「朕は…帝国議会の議決を経た帝国憲法の改正を裁下し…」という形—-旧天皇が新憲法を「裁下」することがなぜ可能なのだろうか。帝国議会の議員たちは何を考えていたのだろうか。本当に総議員の三分のニが出席し、その三分のニが賛成したのだろうか。疑問が沸々とわいてくる。帝国議会の議員たちが、自らの責任をどこまで自覚していたかである。
     前文の格調高さに続いて、第一章に天皇が置かれているのをみるとき、次のような疑念を拭えない。大日本帝国の旧憲法を廃止し、新生日本の新憲法を制定すべきだったのではないか。截断を隠し、見せかけの連続性を創出しているのではないか。戦前と戦後を連続させ、拝神教から拝人教への転換を通じて天皇を退位させなかった現代日本の虚構性について改めて考える。そして、70歳を過ぎても、近隣の国々の内向きの体制をみるにつけ、自分が叩き込まれた歴史や社会のありようについて考えないわけにはいかないのだ。

    Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s