猛禽の群れ

第三部の末尾に次の叙述があります。

川に向かって繰り返し彼の名を呼んでいると、数十匹のうをが重なって激しくぶつかり合いながら川面に渦を起こした。そうか、これがうをたちの不器用ぶきようなタンゴの舞いなのだ。群れのなかにうをになった凭也もいる、名もないうをになった凭也がいる。

新宿区内の路上で写真の光景を目にしたとき、僕が考えたのはヒトの死骸に食らいつく魚(うを)たちの群れだった。小説では肉食魚としたが、あるいは猛禽でもよいかもしれない。その場合、河葬(かそう)ではなく風葬か鳥葬にしなければなるまい。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s