父の一周忌を前に

昨年8月24日の明けがた、父が他界した。あれからもう1年が経とうとしている。別に約束したわけではないが、一周忌を前に小説を完成できそうで、ほっとしている。いま振り返って、この小説を書かせた原動力の一つが彼の死だったと思うからだ。1年前、繰り返し聴いたハーモニカ演奏(Toots Thielemans, Old friend, 1988)を思い出す。

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s