ネパールの数字と改暦

line_65588027843049これはネパール文字で書かれた数字で、上段が 1  2  3  4  5、下段が 6  7  8  9  10 です。アラビア数字に似ているものもありますが、違うものが多いようです。ローマ数字にない o (ゼロ)があります。

ネパールは現在、独自の暦を使っています。歴史的には日本島と同じく陰暦(太陰太陽暦)を使っていましたが、西暦1904年4月13日に太陽暦に切り替え、ビクラム暦1961年1月1日と定めたそうです。西暦紀元前58年を紀元とする暦法で、北インドでも使われているそうです。ことし5月5日はビクラム暦で2077年1月22日です。

日本は明治5年12月3日を明治6年1月1日と定め(Wikipedia)、太陰太陽暦(天保暦)から太陽暦(グレゴリオ暦)に移行したのです。明治以来、天皇制とともに一世一元制を維持している日本島は、ネパール暦に対して僕らが感じるように、外から見れば特異に映るのでしょう。青空文庫『改暦弁』

Screenshot_20200616-183541改暦辧: 慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクションより

『凭れ合う人びと』の主人公は、もしかしたら、日本島とネパール国のあいだを行き来していたのかもしれません。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s