Korean War and “Nationality” of Koreans in Japan (1947-52)

鄭栄桓(CHONG Young-hwan)氏の雑誌 PRIME(2017.3.31)掲載論文 在日朝鮮人の「国籍」と朝鮮戦争(1947‒1952年)–「朝鮮籍」はいかにして生まれたか より以下の表(外国人登録「国籍」欄の日本政府の解釈の変遷)を転載します(サイトに掲載するため一部編集)。

外国人登録の「国籍」欄に対する日本政府の解釈
時期朝鮮朝鮮韓国韓国
表示内容の解釈朝鮮」への記載変更表示内容の解釈韓国」への記載変更時
1947.5.2-50.2.22出身地表示説
1950.2.23-51.2.1出身地表示説出身地表示説国籍証明文書不要*c
1951.2.2-70.9.25出身地表示説1965.10.25以前は出身地表示説国籍証明文書の提示要
1951.2.2-70.9.25出身地表示説1965.10.26以後は国籍表示説国籍証明文書の提示要
1970.9.26-71.2.26出身地表示説例外的可*a国籍表示説国籍証明文書の提示要
1971.2.27出身地表示説条件付可*b国籍表示説国籍証明文書の提示要
*a ①事務上の記載間違い、または②本人意思によらない他人の勝手な書換え手続きで「韓国」となったもののみ例外的に記載変更を認めた。*b ①韓国の在外国民登録をしていない、②韓国旅券の発給を受けたことがない、③協定永住許可がなされていないの三点を確認できれば、市町村長限りで「朝鮮」への記載変更を認めた。*c 本人陳述のみ

わきびとたち

%d bloggers like this: