自問自答

何だかだ言っても、結局のところ、おまえも日本の戦後教育のみすぼらしい落とし子の一人にすぎないようだな。その土台は明治以来続いている偏狭な復古主義に根ざしているというべきだろう。

小説「いつか名もない魚になる」に描かれた「寺院」とか「教会」にいて、小説に登場する他に行くところがない人々と同じように決められたことを勉強し、何がしかのことを学んだような錯覚を得て満足する似非(えせ)文化人そのものではないか。おまえの周囲にいる人々と同類ではないか。

One thought on “自問自答”

  1. 凭也(ひょうや)、魚になったはずの君はまだ死んでいなかったのだね。ブログとは要するに自問自答の一形式なのだ。小説といい散文詩というも、自問自答を敷衍(ふえん)したものだろう。だから、僕は架空の人物であり魚となった彼と対話を続ける。

    Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s