本末転倒

サイトのタイトルをまた変更した。少し前に<いつか名もない魚になる>から<Fictions and Essays>に変えたばかりなのに、改めて<Writing and Reviewing>に変えた。執筆と校閲(見直し)ぐらいの意味である。具体的には、小説の執筆から法律の学習へ大きくシフトするという宣言のようなものだ。

続いて、執筆と見直し、主観と客観、主客転倒、主役と脇役、最後にシテとワキ、転じて<ワキ(脇)とシテ(仕手)>、さらに ローマ字表記で Shite to Waki にした。シテとワキは主役と脇役すなわち主従関係とは異なるものだろう。ワキがあってシテがある、シテがなければワキがない一体不二の関係にあると考える。

ドンキホーテとサンチョパンサの画像とよく似合う。タイトルではなく内容が大事なことはわかっている、本末転倒の最たるものだということもわかっている。また、歯車が嚙み合わない。いつもの分厚い壁を感じる。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s