文庫の朝鮮詩集

書棚に残った僅かな本のなかから朝鮮詩集(1982年11月第7刷)を取り出した。赤い帯に「本詩集は20世紀前半、歴史の不幸に抗しながらひたすら守りつづけた朝鮮人民の精神史であり、最も純粋な感情生活の集約である」とある。

いま読み返すと、下線部に違和感を覚えるのだが、長いあいだ、I文庫に代表される教養主義に影響され、このようなイメージで朝鮮詩ないし朝鮮を捉えていたように思う。はたして、こういう見方が正しいのかどうか、いま大いに疑問を感じる。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s