雉子(きじ)橋の由来

雉子橋のたもとにある案内板 2020.10.23

家康公関東へ御打入以降韓国(かんこく)の帝王より日本へ勅使(ちょくし)わたる。数百人の唐人(たうじん)[注: 朝鮮通信使のこと]江戸へ来りたり。(これ)らをもてなし(たも)ふには雉子(きじ)にまさる好物なしとて諸国より雉子を集め給ふ。この流れの水上に鳥屋(とや)を作り雉子を限りなく入置ぬ。その雉子屋の辺に橋一ツありけり。それを()()(ばし)と名付けたり(慶長見聞(けんもん)集*巻一「江戸の川橋に由縁(いわれ)あること」より、一部ひらがなに改め、原文以下のとおり)*1906(明治39)年6月合資会社冨山房発行 

慶長見聞集巻一「江戸の川橋に由縁あること」
慶長見聞集奥付

参考: 文禄慶長の役(吉川弘文館 Japan Knowledge)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s