ンヴィーニと魚

ンヴィーニと魚のあいだにどんな関係があるのだろうか。ンヴィニ教の葬礼である河葬しか接点がないのだろうか。小説の末尾で以下のとおり河葬(かそう)の情景を描いているが、これが暗示するものは何だろうか。

繰り返し凭也の名前を呼んでいると、数百とも数千とも思われる(うを)が数十匹ずつ(かたまり)になって()み合い、飛び()ね、ぶつかりながら、黒々とした濁流となって、反時計回りに渦巻いている。そんな情景が記録係の頭に浮かんだ。これが(うを)たちのタンゴの舞いなのだ。そう確信した瞬間、彼はあっけなく渦巻に()み込まれてしまった。()

小説の題名の「いつか名もない」は認知症の症状を暗示し、ンヴィーニは記録係のように自覚症状のない患者を意味する。だから、隠れンヴィーニなのだ。うをたちは凭れ合い、からみ合いながら水面あるいは水面下でタンゴを舞う。死を境に「名もない魚」になるというより、生きながらも無自覚の認知症患者だということになろうか。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s