第三部のおわりと小説の結末

[川に向かって繰り返し彼の名を呼んでいると、数十匹の魚(うを)が重なって激しくぶつかり合いながら川面に渦を起こした。そうか、これが魚(うを)たちの不器用なタンゴの舞いなのだ。その群れのなかに魚(うを)になった凭也がいる]


(この前後に主人公と筆者のせりふのやり取りが入り、意外にも死という結末を迎えます。よく考えれば、人々が死んでいくのは当たり前ですから、意外でも何でもありません、当然というべきでしょうね)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s