第一部のおわり

第一部を通して校閲し、おわりの部分を書き替えた。我ながら、とどまるところがない校閲に疲れぎみだ。第三部のおわりを踏まえて修正する必要を感じたのです。

[こうして凭也は、時にンヴィーニを批判するどころか熱く擁護することがあります。かつて自分も教徒だったというだけではどうにも説明できない、正体不明の何かに対する怒りに突き動かされていたのではないか。筆者はそう解釈しています]

これで第二部の老人との出会いにつながります。→第二部のはじめ

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s