終章を削除し回送電車に

しばらく前に序章(はじめに)を削除したのに続き、終章(おわりに)を削除しました。これに伴って、第4章の最後二節の見出しを「回転式ドア」「回送電車*」に変更しました。

*回送電車の英文表示は最近 out of service が多いが、以前は deadhead だった。この英語がずっと気になっていた、dead [死んだ]が何を意味するのか不明だったのだ。どうやら米語のようで、役立たずとか無能の意味があるようだ。

この小説の最終場面は、回送電車という寺院、それを観察する凭也、トンネルに入っていこうとする無人の回送電車という設定で、それを見送るのが凭也から筆者に入れ替わるという趣向です。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s