主人公と老人の関係

この作品の主人公は老人に引かれ、老人のあとを追いかける。執筆を始めてしばらくのあいだ、主人公が引かれる老人は同一人物だと考えていたが、どうやら複数の人物らしい。老人たちが象徴するものは何だろうか。死へのいざない、誘いか。「いざない」という語から記紀に登場するいざなぎのみこと(伊耶那岐尊)といざなみのみこと(伊耶那美尊)のことを思う。この両神がたがいに引き合っていたとすれば、この小説の主人公と老人もたがいに引き合う関係だったかもしれない、などと考える。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s