この小説の仮説(2)

日本島のンヴィニ教徒と呼ばれる人々の生態とその考え方こそがこの小説の主旨であり、広い意味における仮説だと考えている。

言いかえれば、ンヴィニ教徒という観察眼を通すことで、日本島の社会状況がどこまで浮き彫りになるか、という効用の問題だ。それを評価するのは最終的に読者である。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s