ンヴィニ教徒の病理

この実験的小説ではンヴィニ教徒の特徴が「(もた)れ合い」にあると仮定しています。それと密接に関係しますが、彼らの症状の一つに無謬(むびゅう)主義 inerrancism (inerrancy, inerrant から類推した造語)があると考えられます。その最たるものが日本島の統治者と周辺の人々の言動に表れています。

ンヴィニ教徒の多くは自分の認識したことにもとづく考えや意見には(あやま)りがないと考えます。テレヴィに登場する人士にそれが(いちじる)しいと思われます。議論できない、議論しないということから必然的に無謬であると考えることにならざるを得ないわけです。幼少期の知能発達状態に近いということですが、問題はこういうことを述べている筆者自身はどうなのかということです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s