小説なるもの

小説の最たる特徴は虚構 fiction ということだろう。問題は虚構を導入することで何を表現できたか、ということだ。では、この作品が表現しているものは何だろうか。認知症は誰にでも起こりうるもので、死は誰も逃れられないもの、いずれも恐れるに足りない、という当たり前のことではないのか。あまりに当たり前すぎて小説にする意味がないだろうか。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s